賃貸仲介のIT重説、10月1日解禁

国土交通省

法律・制度|2017年09月19日

  • twitter

業務効率化への期待高まる

賃貸仲介取引において、ITを活用した重要事項説明(IT重説)の本格運用が10月1日からスタートする。遠隔で対応できるため、利用者のみならず不動産会社の業務効率化にもつなげられる。今後、宅建業法の法改正が行われ、電子書面での契約が可能になれば、スマートフォン一つで契約業務が完了する仲介ビジネスの姿が現実味を帯びる。

IT重説の解禁により、賃貸住宅を借りる側だけでなく、不動産会社側の業務効率化にも一役買いそうだ。IT重説とは、これまで対面を必須とした重要事項説明を、テレビ電話やスカイプなどインターネット上で行うというものだ。有識者による検討会を経て2015年8月から17年1月にかけて社会実験を行い、1071件を実施。そのうち賃貸取引は1069件行われたが、大きなトラブルがなかったことから本格運用に踏み出す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ