JR東日本ソーシャルデザイン 麻生次郎社長 コミュニティー住宅約1400戸管理

【企業研究vol.253】JR東日本ソーシャルデザイン

インタビュー|2024年06月26日

  • twitter

JR東日本ソーシャルデザイン 東京都目黒区 麻生 次郎 社長(58)

 主に社員寮をリノベーションした賃貸住宅を約1400戸運営するJR東日本ソーシャルデザイン(東京都目黒区)。JR東日本グループに入った麻生次郎社長に、今後の展開について聞いた。

JR東日本G入り 信用力強みに拡大

―御社は大型の寮・社宅・共同住宅をリノベして、共用部に付加価値を付けた「コミュニティー住宅(シェアハウス型)」を管理運営しています。現在管理戸数は何戸ですか。

 2009年から本格的にコミュニティー住宅事業を展開していますが、JRグループの社宅なども含めて、33棟1390戸(24年6月6日時点)を管理しています。入居率は平均して94%前後です。当社では、入居者の2割を外国人が占めるように努めてきました。今はインバウンド(訪日外国人)の影響で全入居者の3割が外国人となっています。多い物件では半数を占めるケースもあります。ワーキングホリデーを利用して来日し、入居する人が増えています。

―20年にジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区)と資本提携しました。それによる変化はありますか。

 資本提携による変化は主に二つあります。一つは、ジェイアール東日本都市開発が取得した元独身寮の企画、コンサルティングが増えたことです。もう一つは、JR東日本グループということで、新規の運営受託や買い取りの営業がしやすくなりました。JRの信用力は大きいですね。

―買い取って所有することもあるのですね。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『シェアハウス、供給増加傾向』

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ