KACHIALの電子契約導入① 課題山積みでもDXやめない

KACHIAL(カチアル)

その他|2022年09月13日

  • twitter

 都内を中心に約1万戸を管理するKACHIAL(カチアル:東京都新宿区)は、2年前に電子契約を導入した。現在8割の契約を電子で行う。一方で、増えた仕事もある。「DX(デジタルトランスフォーメーション)推進で情報の属人化はなくなったが、業務の属人化が起こった」と話す、PM事業部の城戸基臣部長に聞いた。

―電子契約導入は、社内で順調に進んだのか。

 最初、反発はあった。電子署名と、家主に押印してもらう行為に差がないことはわかっているが、対面で押印する行為にプライドを持つ部分が、自分の中にもあった。高齢な家主には受け入れてもらえないことも多かった。当社の場合、サブリースがメインなので、仲介会社に周知する必要もあった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『エレマックス、電子契約を更新時に導入』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  3. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  4. ニッソウ、個人事業主から年商28億円へ

    ニッソウ

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ