震災後に路線価調整

国税局

法律・制度|2011年11月07日

  • twitter

国税局は11月1日、震災特例法における土地などの評価基準となる路線価の調整率を発表した。路線価は相続税算出時に土地の評価基準となるもの。7月1日に発表していたが、震災以前の査定だったため、震災後に調査をし直して調整率を発表した。

平成23年3月10日以前に相続などまたは贈与により取得した指定地域内の土地などに係る相続税・贈与税で3月11日以後に申告制限となるものについては、震災による地価下落を反映させるため、特定土地の価格は相続または贈与時の時価ではなく、震災発生直後の価額とする。調整率は建物損壊などの程度による減価率、ライフラインをはじめとする社会インフラの被害に応じた減価率などが要因で、これに路線価などをかける震災発生直後の価額を算定する。

調整率で最も高かったのは宮城県の宅地で0・20~0・95、最も低かったのが新潟県の宅地で0・95。ちなみに、阪神大震災のときの調整率は最高で0・75%だった。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. コロナ禍での家賃債務保証会社①

    全保連, エポスカード, オリコフォレントインシュア, オリエントコーポレーション, エルズサポート, JPMCファイナンス, 近畿保証サービス, ジェイリース, ニッポンインシュア, ジャックス, Casa(カーサ), 日本賃貸保証

  2. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  3. 変わる不動産実務 ~オーナーアプリ編①~

    コスギ不動産, 宅都プロパティ, Good(グッド)不動産, プロラボテック

  4. 【書籍紹介】『令和3年度 よくわかる税制改正と実務の徹底対策』

  5. 【書籍紹介】『10万円から始めて 資産を200倍にする小型成長株投資』

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ