民泊撤退サービス拡大

スイッチエンターテイメント

商品|2018年01月18日

  • twitter

4拠点目の北海道に進出

民泊運営をやめた部屋から家具などの撤去を行うサービス『撤退太郎』を提供するスイッチエンターテイメント(東京都新宿区)が1日から北海道にもサービス範囲を広げた。

同サービスでは、退去予定日の10日前までに注文すれば、退去前日に設置している家具のすべてを撤去する。これまで、関東、関西、福岡エリアでサービスを展開してきたが、北海道進出により札幌市と石狩、小樽、千歳などの札幌近郊も利用が可能になる。

北海道と札幌市は現在住宅宿泊事業(民泊新法)に関する条例の素案のパブリックコメントを実施中だが、住宅専用地域では土日祝日と年末年始のみ運営を可能とする内容を提示している。今後は、2月に条例案を提出し、3月に公布されれば6月15日に施行となる見通し。一方で、札幌市では現在、簡易宿所の許可が取りたくても、1つの施設にトイレを3個設置しなければならないなど許可取得のハードルが高い。新法が施行される前に撤退の動きになる可能性もあるとみている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  3. JR西日本、団地の入居促進 交通利便性高める

    JR西日本

  4. 船井総合研究所、賃貸管理の勉強会を実施

    船井総合研究所

  5. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ