家賃債務保証トラブル防止目指す

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

法律・制度|2019年05月15日

  • twitter

重要事項説明書ひな型作成

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協:東京都千代田区)の家賃債務保証事業者協議会は、家賃債務保証会社の保証委託契約に関する重要事項説明書のひな型を作成した。記入例と解説も併せて作成し、7日に公表した。

 今回作成したひな形は家賃債務保証業者登録規定17条にある「契約締結前の書面交付及び説明」の内容に準拠。さらに「連帯保証人の有無」「重要事項説明者」「説明を受けた者の記名押印」を確認できるように項目を加えて作成した。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    3. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    4. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ