観光庁、民泊物件を調査

観光庁

法律・制度|2019年10月28日

  • twitter

 観光庁は23日、19年3月末時点における民泊物件の適法性に関する調査結果を公表した。全7万1289件のうち、違法性があると判断されたのは2154件で、全体の約3%だった。

 住宅宿泊事業法で届け出があった住宅、旅館業法に基づく物件、特区民泊の認定物件などの種別に分けて調査を行った。ポータルサイトなどを運営する68社の住宅宿泊仲介業から得た民泊物件の届出もしくは許可番号、営業者名、施設の住所の3項目を照合し、自治体が保有している情報と相違があるか違法性の有無を確認した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 仲介手数料裁判 東急リバ敗訴

      東急リバブル

    2. 急拡大路線から「質重視」へ

      OYOLIFE(オヨライフ)

    3. 「アクセル全開で物件を仕入れてきた」、1年を振り返る

      OYO LIFE(オヨライフ)

    4. 賃貸管理業「任意登録制」にメス

      国土交通省

    5. 原状回復費用を定額保証

      アーバンクリエイツ

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ