家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

その他|2020年05月28日

  • twitter

 新型コロナによる景況悪化が、家賃の支払い遅延を引き起こしている。事業用不動産から顕在化した家賃滞納への影響は、居住用物件にも広がってきた。正念場をむかえる家賃債務保証会社を取材した。

行政支援で急場しのぐ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、家賃債務保証会社が直面している課題が2つある。

 1つ目が家賃滞納の増加だ。「入居者の家賃支払いに遅れが生じ始めている」。そんな声が保証会社から増えてきた。勤め先の業績不振による減収や失職を理由としたものが多いという。

 もうひとつが新規申し込み数の減少だ。家賃債務保証会社(以下、保証会社)は、入居者の家賃支払いに滞納が生じた際に、入居者に代わって不動産オーナーや管理会社に滞納家賃を支払うことで賃貸経営の資金繰りを支える役割を担う。4月には改正民法が施行され、高齢化などで連帯保証人を確保しづらい社会的背景も契機となり、保証会社の利用率は一層高まると考えられていた。事実、2月までは新規申し込みを順調に獲得していた保証会社が多かったが、その後、状況は暗転した。

支払い遅延微増、働き口を無償紹介

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ