【企業研究】vol.080 タスキ 村田 浩司 社長

タスキ

企業研究|2020年10月14日

  • twitter

タスキ 村田 浩司 社長(53)

 都内駅近の狭小地で新築投資用マンションを開発・販売するタスキ(東京都港区)が2日、東証マザーズ市場に上場した。新日本建物の子会社として7年前に不動産仲介業として開始したものの、開発事業の歴史は3年程度の若い会社だ。しかし従業員19人の小世帯ながら2020年9月期の売上高は69億9300万円を見込み、右肩上がりで成長している。その秘訣は都内好立地の用地を迅速に取得できる仕入れ戦略にあるようだ。村田浩司社長に詳細を聞いた。

「都内・駅近・狭小地」特化、投資用レジ開発で上場

敷地20坪から対応 仕入れ戦略に強み

―10月2日に東証マザーズに上場しました。売上高・経常利益は右肩上がり(下の縦棒グラフ)で推移しています。ビジネスモデルを教えてください。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【その1】賃貸仲介業の実態を探る

    愛媛建物, アップルハウジング, タクシン不動産

  2. オクスト、施工後1カ月で満室

    オクスト

  3. 2020 人気設備ランキング発表

  4. LIFULL、住みたい街「生活便利な郊外」躍進

    LIFULL(ライフル)

  5. 入居者が喜ぶIoT設備 8選(トレンド企画・後半)

    ライフリライアンス, 日栄インテック, Robot home(ロボットホーム), Wiz(ワイズ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ