【トップインタビュー】山口不動産が民間初の地域通貨発行、武藤社長の狙いは?

山口不動産

企業|2021年01月15日

  • twitter

山口不動産 武藤 浩司 社長(41)

 東京都大塚エリアで賃貸住宅やビルを所有する山口不動産(東京都豊島区)は、JR山手線「大塚」駅周辺で独自のまちづくりを進める。銀行や大手監査法人での勤務を経て同社の指揮を執る若き経営者、武藤浩司社長に同社の事業展開について話を聞いた。

東京・大塚で独自のまちづくり

店巡りでコイン獲得 地域店との対話生む

 東京都豊島区の大塚で、民間主導として初となる地域通貨の発行が2020年10月にスタートした。発行主は山口不動産だ。JR山手線「大塚」駅の北口周辺でビル7棟と47戸の賃貸マンションを所有し管理・運営を行う。元々は戦後間もない1947年に山口家の資産管理会社として設立したが、今では大塚のまちづくりに力を入れる。その先頭を切るのが若き経営者の武藤浩司社長である。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. データで見る相続問題

  5. 管理会社に聞く入居者対策①【後編】

    マエダエステート, 村上不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ