住宅ローンを避ける層が増加

市況|2021年03月09日

  • twitter

 入居者がどんな考えで賃貸住宅を選んでいるのかが分かれば、空室対策がしやすくなる。持ち家を選ぶか賃貸を選ぶかの動向を知ることもその一つだ。どのような推移で変わってきているのだろうか。

 入居者属性を知ることは、空室対策において重要だ。世帯主を年齢別に見た場合の賃貸住宅の割合を見ると、賃貸住宅の入居者層の割合がよく分かる。

 総務省の『住宅・土地統計調査』によると、世帯主が25歳未満である場合、賃貸住宅である確率は96~97%で最も多く、年齢が上がるにつれて割合は下がっていく。生活基盤が整うことで次第に分譲住宅を購入したり、結婚などで世帯主ではなくなったりしているものと考えられる。つまり、賃貸住宅の入居者は、分譲住宅を購入するまでのライフステージにある人々がターゲットになるということだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  2. コロナ禍での家賃債務保証会社①

    全保連, エポスカード, オリコフォレントインシュア, オリエントコーポレーション, エルズサポート, JPMCファイナンス, 近畿保証サービス, ジェイリース, ニッポンインシュア, ジャックス, Casa(カーサ), 日本賃貸保証

  3. 変わる不動産実務 ~オーナーアプリ編①~

    コスギ不動産, 宅都プロパティ, Good(グッド)不動産, プロラボテック

  4. SNS広告、投稿の落とし穴

    公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会, ことぶき法律事務所

  5. 【トップインタビュー】サービス付き高齢者向け住宅を24棟746戸運営

    T.S.I(ティー・エス・アイ)

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ