【書籍紹介】『相続したボロ物件どうする?賃貸アパート経営の道しるべ』

その他|2021年05月16日

  • twitter

税務経理協会 2090円(税込み)

『相続したボロ物件どうする?賃貸アパート経営の道しるべ』渡邊浩滋 著

 本書では、老朽化して収益が見込めない物件を相続してしまった人向けに、フローチャート形式で取るべき選択肢を提示しながら、どのような対策を行えばよいのかを解説する。収益改善に向けた物件の経営方法はもちろんのこと、売却や相続するケースについての解説も用意している。著者は家主専門の税理士であり司法書士、宅地建物取引士の資格も持つ渡邊浩滋氏。

(5月10日17面に掲載)

おすすめ記事▶『法務省、不動産の相続登記、義務付けへ』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ