【書籍紹介】『相続したボロ物件どうする?賃貸アパート経営の道しるべ』

その他|2021年05月16日

  • twitter

税務経理協会 2090円(税込み)

『相続したボロ物件どうする?賃貸アパート経営の道しるべ』渡邊浩滋 著

 本書では、老朽化して収益が見込めない物件を相続してしまった人向けに、フローチャート形式で取るべき選択肢を提示しながら、どのような対策を行えばよいのかを解説する。収益改善に向けた物件の経営方法はもちろんのこと、売却や相続するケースについての解説も用意している。著者は家主専門の税理士であり司法書士、宅地建物取引士の資格も持つ渡邊浩滋氏。

(5月10日17面に掲載)

おすすめ記事▶『法務省、不動産の相続登記、義務付けへ』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 自己破産した則武物件の所有者責任はどこ?新たに6棟の不備発覚 危ない建築のポイントを専門家が解説

    則武地所, さくら事務所

  2. 『かぼちゃの馬車』事件の被害者団体結成

  3. 賃貸関連大手6社の前期決算まとめ

    レオパレス21, スターツコーポレーション, 大東建託, 大和ハウス工業, 積水ハウス, 旭化成ホームズ

  4. 利用広がる賃貸管理システム①

    日本情報クリエイト, クザワ富山, ビジュアルリサーチ, ダンゴネット, 3Films(スリーフィルムス), アセットコミュニケーションズ

  5. ジェクトワン、空き家所有者への調査や啓発活動推進

    ジェクトワン

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ