監督処分【宅建試験解説】

【連載】2021年宅建試験まるかわり解説

法律・制度|2021年08月08日

  • twitter

Q.大臣免許業者でも知事から処分を受ける?

A.免許取り消し処分以外は受けます

監督処分と罰則は同じ?

 異なります。監督処分とは、宅地建物の取引を公正にすることで、関係者が安心して取引できるようにするために、行政庁(大臣や知事)が免許取り消しなどのペナルティーを科すことをいいます。

 それに対して、罰則とは、司法機関(裁判所)が罰金・懲役などの制裁を科すことをいいます。 宅地建物取引業者に対する監督処分には、指示処分、業務停止処分、免許取り消し処分があります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. エイムズ、築39年の物件で施工中に成約獲得

    エイムズ

  5. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ