集合住宅に採用、軽量で加工しやすい樹脂素材

東都積水

商品|2021年09月29日

  • twitter

軽量でロール状にて持ち運びが可能

 東都積水(群馬県太田市)は、樹脂形成技術を用いて開発した「巾木S+(はばきエスプラス)」を2020年10月から販売している。21年9月現在、集合住宅を中心に使用されている。

素人でも巾木の設置が可能

 樹脂製素材のため、一般的な木巾木は1本4mで0.9㎏の重さだが、同商品では一番軽いもので1本20mで1.4㎏まで軽量化に成功。柔らかい素材のためロール型の状態で収納と持ち運びができ、ハサミやカッターで必要な長さを切り出すことが可能だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『松村アクア、軽量素材の防音ルーム』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ