オンコ、ペット共生型シェアハウス25棟目完成

オンコ

管理・仲介業|2021年10月28日

  • twitter

KOTERAの外観

 空き家を利活用したペット共生型シェアハウスの管理運営・仲介を行うオンコ(東京都渋谷区)は、猫専門病院の院長がオーナー兼同社と共同で管理運営をする「猫と暮らせる女性専門シェアハウスKOTERA(コテラ)」の入居を8月11日に開始した。入居者の飼い猫を院長が定期健診するなど、猫専門医の運営ならではの特長がある。

猫病院の院長が定期健診

 同物件は東急池上線「旗の台」駅より徒歩7分に立地する。木造2階建てで、1階は戸建て賃貸として貸し出され、2階部分のワンルーム3室、共有部分として利用されるLDKからなるシェアハウスだ。家賃は8万円で光熱水等費が別途1万6000円。猫は1室3匹まで飼える。オーナーの自宅をペット共生型のシェアハウスとしてリフォームした。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『PLAN-B、犬の飼い主アンケート調査実施』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ