覚えておくと便利な不動産用語2

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.127

その他|2022年01月21日

  • twitter

 前回に引き続きアメリカ不動産投資関連の用語シリーズの第2弾をお届けします。今回は特に実際の不動産売買取引の現場でよく見聞きする用語を6個厳選して説明していきます。 

米国の不動産売買に必須の英単語6選

①Purchase Contract(パーチャス・コントラクト)。「購入契約書」と訳しますが、主に購入希望者が、売主に対して購入額(オファー額)、取引条件、取引期間、キャンセル条項、不測の事態に関する条項、必須情報開示などに関する購入提案が全て記載される書類を示します。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『覚えておくと便利な不動産用語』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ