覚えておくと便利な不動産用語2

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.127

その他|2022年01月21日

  • twitter

 前回に引き続きアメリカ不動産投資関連の用語シリーズの第2弾をお届けします。今回は特に実際の不動産売買取引の現場でよく見聞きする用語を6個厳選して説明していきます。 

米国の不動産売買に必須の英単語6選

①Purchase Contract(パーチャス・コントラクト)。「購入契約書」と訳しますが、主に購入希望者が、売主に対して購入額(オファー額)、取引条件、取引期間、キャンセル条項、不測の事態に関する条項、必須情報開示などに関する購入提案が全て記載される書類を示します。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『覚えておくと便利な不動産用語』

検索

アクセスランキング

  1. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  2. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  3. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  4. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ