リノベーション提案の手法②、投資効果を数値と式で表わす

【連載】プロパティマネジメントで切り開く未来 第148回

その他|2022年01月23日

  • twitter

 前回に引き続き不動産オーナーへのリニューアル(リノベーション、以下リノベ)提案のコツについて述べてみたい。前回は表1「投資分析」の①~④までを解説した。10万円の提案(投資)であろうと1億円の提案であろうと、不動産投資であるのだから数値で表現できるのであり、最終的にはオーナーの判断は数値に基づくものなのだ。「なんとなく、これでいいかな」というものではない。

選択肢を用意し、提案し続けることが大事

■式のカタチを明確化する

 ⑤の「10年平均利回り」は、①~④と違って、中長期的な視点で投資効率を測るものさしである。①~④はあくまで「単年度」の指標だが、10年平均利回りは複数年での指標だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『リノベーション提案の手法、費用対効果をリアルな数字で提示』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  4. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ