コロナ禍の賃貸市場の影響は?エリアルポ ~川崎市編~

ストーンズ,エヌアセット,エヌアセットBerry,ジェクト,ジェイエーアメニティーハウス

企業|2022年02月25日

  • twitter

 新型コロナウイルス下の賃貸マーケットをレポートする本企画。今回は人口153万7929人(2月1日現在)の神奈川県川崎市を紹介する。東京都と神奈川県横浜市の間に位置する川崎市は、ベッドタウンでありながら就業人口も多く、人の流れが活発なエリアだ。川崎市中原区、高津区、多摩区を商圏とする四つの不動産会社とオーナーを取材した。

≪川崎市の賃貸住宅市場≫
神奈川県の北東に位置し、横浜市に次いで人口の多い市。世帯数は75万3967世帯。賃貸住宅は34万6900戸で、賃貸の空き家は4万6500戸。2030年代まで人口増が予測されている。(戸数は総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」による)

ファミリー物件人気で賃料1万円向上

エヌアセット、3LDKの物件一部で供給不足

 管理戸数3755戸のエヌアセット(神奈川県川崎市)は、コロナ下で外国人の退去者が増加しつつあるが、ファミリー向け物件は好調で賃料を1万円程度上げても入居が決まり、供給が間に合わない状態だという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍の賃貸市場の影響は?エリアルポ~佐賀編~』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ