賃貸市場の繁忙期、法人回復基調

S-FIT(エスフィット),FPR(エフピーアール),エル・ディー・ケイ

統計データ|2022年03月25日

  • twitter

 新型コロナウイルスの感染が続くものの、賃貸仲介市場における法人の動きは2021年に比べ、回復基調にあるようだ。ただ、一部では拠点縮小に伴い案件が減っているなど、企業の拠点再編が賃貸仲介にも影響を及ぼしていきそうだ。

拠点再編で苦戦エリアも

 法人仲介に力を入れるS-FIT(エスフィット:東京都港区)では、1~2月の依頼件数は、21年同期比115%となった。同社の法人営業本部の衛藤明彦部長は「1社あたりの依頼件数は21年に比べ回復傾向にある。法人の異動や採用は企業の業績の影響が大きいが、その業績が戻ってきたことで、依頼の増加につながっているのではないか」と話す。21年の秋口には、大手の保険会社の組織改編に伴う大型異動により案件が増えた動きがあったものの、特に業種などで依頼の増減に偏りは見られなかった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『企業研究vol.148 エル・ディー・ケイ 有村 政高 社長【トップインタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ