賃貸市場の繁忙期、法人回復基調

S-FIT(エスフィット),FPR(エフピーアール),エル・ディー・ケイ

ニュース|2022年03月25日

  • twitter

 新型コロナウイルスの感染が続くものの、賃貸仲介市場における法人の動きは2021年に比べ、回復基調にあるようだ。ただ、一部では拠点縮小に伴い案件が減っているなど、企業の拠点再編が賃貸仲介にも影響を及ぼしていきそうだ。

拠点再編で苦戦エリアも

 法人仲介に力を入れるS-FIT(エスフィット:東京都港区)では、1~2月の依頼件数は、21年同期比115%となった。同社の法人営業本部の衛藤明彦部長は「1社あたりの依頼件数は21年に比べ回復傾向にある。法人の異動や採用は企業の業績の影響が大きいが、その業績が戻ってきたことで、依頼の増加につながっているのではないか」と話す。21年の秋口には、大手の保険会社の組織改編に伴う大型異動により案件が増えた動きがあったものの、特に業種などで依頼の増減に偏りは見られなかった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『企業研究vol.148 エル・ディー・ケイ 有村 政高 社長【トップインタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  2. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

  3. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  4. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ