リノベる、リノベで社宅再生し満室稼働

リノベる,NTT(エヌティティ)西日本アセット・プランニング

商品|2022年04月08日

  • twitter

間取りの変更で広々としたリビングを実現

 リノベーションを手がけるリノベる(東京都港区)は3月7日に、不動産の利活用事業を行うNTT(エヌティティ)西日本アセット・プランニング(大阪市)が保有する奈良市内の社宅を賃貸住宅「RUNOAS Tomio(ルノアストミオ)」として再生。同月1日から入居を開始し、22日時点で全戸成約済みだ。

NTTグループの不動産利活用

 同物件は、近畿日本鉄道奈良線「富雄」駅から徒歩7分の場所に立つ築38年RC造4階建て全24戸。間取りは2LDKで専有面積は75㎡。賃料は8万~8万2000円(共益費5000円込み)で、メインの入居者ターゲットはファミリー層。コミュニティースペースには、シェア菜園や広さ1400㎡の裏庭がある。日常の利用だけでなく、緊急時には近隣の防災拠点としての活用も想定。住戸部分は3LDKを2LDKにリノベし、全室南側に20畳を超えるリビングを配置した。

(2022年4月11日20面に掲載)

おすすめ記事▶『リノベる、賃貸住宅のサブリース事業開始』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ