注目の買い取り再販ビジネス~後半~

協和開発,ソソグー不動産

企業|2022年04月25日

  • twitter

 新型コロナウイルス下で収益物件の売買が盛んな中、売り上げアップや管理獲得を狙いたい管理会社にとって成長につなげられるのが、賃貸住宅の買い取り再販事業だ。自社で物件を買い取り、顧客に販売し受託戸数を増やすことができる。実際に、買い取り再販事業で実績を上げている不動産会社に戦略を聞いた。

販売物件の9割以上で管理を受注

協和開発、開発物件の売却後も15年目めどに再取得

 香川県の観音寺市や三豊市などで1930戸を管理する協和開発(香川県観音寺市)では2021年4月〜22年3月(21年度)までの1年間で21棟44戸を再販した。22年3月期の売り上げは約14億5000万円。事業別売上高構成比は賃貸管理が70%、賃貸住宅の開発・販売が27%、リフォーム・大規模改修が1.6%などだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶注目の買い取り再販ビジネス【[前編][後編]】

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【不動産DXのシステム特集】~賃貸管理システム編~

    アットホーム,日本情報クリエイト,いえらぶGROUP,アセットコミュニケーションズ,Bambooboy(バンブーボーイ),東計電算

  2. ハウスメーカー、賃貸復調

    レオパレス21,大和ハウス工業, 大東建託,積水ハウス,旭化成ホームズ,スターツコーポレーション

  3. 【管理業法を解説!~後編~】Q&Aで疑問を解決!管理戸数あたりの管理者の配置基準はあるの?

  4. 【管理業法を解説!~前編~】200戸以上の管理受託、無登録は罰則へ

  5. 【2代目家主座談会・前編】求めるのは"担当者の人柄"

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ