エリア×築年数帯別設備導入傾向 東京、大きめ収納需要増

【連載】ビッグデータで見る!人気設備の導入傾向 第4回 収納・駐輪場編 

統計データ|2022年04月28日

  • twitter

 国内750万件以上の賃貸住宅データを抱えるスマサテ(東京都目黒区)の高澤郁理取締役が、自社のビッグデータを基に実態を伝える連載。第4回は「収納・駐輪場」について紹介します。

シューズボックス付帯率 築浅物件では約80%

 最初に、シューズボックスについて見ていきます。

 大阪を除いた全地域の平均の付帯率を確認すると約70%と高い値となっています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『エリア×築年数帯別設備導入傾向 クレカ決済のニーズ増加』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  4. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  5. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ