退去業務の電子化で効率化図る 入居者対応の次は工事事業者とも

【連載】デジタル時代の不動産ニューノーマル 第15回

統計データ|2022年05月04日

  • twitter

 退去における解約業務は、連絡の通知に気付かない可能性のある入居者アプリを用いなくても、入居者が日常的に使用しているウェブサービスを利用して連絡することで効率化が実現できる。

 例えば、Eメールやショートメッセージ(SMS)、「LINE」だ。この利用が難しいユーザーはかなり限定的だろう。これらの手段を用いてもウェブ化できない場合は、郵送や電話など複数の連絡手段を活用しながら柔軟に対応し、電子化の割合を高めていくのが現実的な進め方となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『退去業務の調整を電子化 第1ステップは入居者と』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ