住宅販売を加速させる モデルハウスファンドの可能性

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第33回

投資|2022年05月27日

  • twitter

 不動産ファンドの組成には、アパートや一棟マンションといった投資用不動産を用いることが一般的ですが、ファンド事業を行う不動産事業者の中には、投資用不動産よりも住宅販売に強い企業も存在します。

コンセプトでPRし購入層獲得

 このような企業は、自社の住宅ブランドの販売促進を目的とする「モデルハウスファンド」の活用が検討に値します。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『デジタルマーケティング⑤ セキュリティ・トークン』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ