原状回復【賃貸不動産経営管理士試験対策】

【連載】2022年試験対策 賃貸不動産経営管理士

管理・仲介業|2022年07月01日

  • twitter

Q.原状回復ガイドラインに違反すると無効?

A.任意規定なので必ずしも無効にはなりません。 

経過年数を考慮するってどういう意味?

 国土交通省が公表する「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改訂版)」では、経過年数制度を導入しています。

 すなわち「賃借人の住まい方、使い方次第で発生したりしなかったりすると考えられるもの」と「賃借人が通常の住まい方、使い方をしていても発生するものであるが、その後の手入れなど賃借人の管理が悪く、損耗が発生・拡大したと考えられるもの」による設備などの損耗であった場合、賃借人に原状回復義務が発生し、賃借人が負担する費用の検討が必要になります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『必要費・有益費・造作費【賃貸不動産経営管理士試験対策】』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ