賃貸人が死亡した場合の賃料債権の帰属

【連載】新・法律エクスプレス 第23回

法律・制度|2022年07月27日

  • twitter

 父Aが死亡しました。Aは生前、甲建物を賃貸していたのですが、Aの死後も、毎月賃借人から賃料の支払いがあり、現在、合計1億円の賃料が支払われています。Aの相続人は、子B・Cです。この1億円の賃料は誰のものになるのでしょうか。

分割協議前、相続人で賃料等分

 結論としては、被相続人Aの死亡後、遺産分割協議成立前に発生した賃料1億円については、法定相続分にしたがい、相続人である子2人で分けることになるため、各人が5000万円の賃料を取得することになります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『敷金と滞納家賃』

検索

アクセスランキング

  1. 【資格紹介】賃貸業界で使える!不動産関連資格15選

    一般財団法人不動産適正取引推進機構,一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会,IREM JAPAN,国土交通省,NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会、一般社団法人金融財政事情研究会,一般社団法人ホームステージング協会,東京商工会議所,一般社団法人相続診断協会,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会,一般社団法人家族信託普及協会,NPO法人日本ホームインスペクターズ協会,一般財団法人職業技能振興会,公益財団法人不動産流通推進センター一般財団法人日本不動産コミュニティー,一般社団法人投資不動産流通協会

  2. Mysurance、未加入や更新漏れを解消

    Mysurance(マイシュアランス),損害保険ジャパン

  3. GATES、メタバースで賃貸仲介店舗

    GATES(ゲイツ),ANAP(アナップ)

  4. 節税保険、包囲網狭まる

    金融庁,マニュライフ生命保険,渡邊浩滋総合事務所

  5. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】グループ会社とのトータル管理をアピール

    日本住宅流通,カンエイ,大和ハウス工業,神崎建設工業

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ