森林ファンド、木材高騰でリターン増の好機

【連載】不動産クラウドファンディング 事業化のポイント 第38回

投資|2022年10月20日

  • twitter

 近年、三井物産(東京都千代田区)、住友商事(同)、住友林業(同)といった大企業が森林ファンド事業への参入を表明しています。本稿では、森林ファンドが注目される理由と、日本における森林ファンド組成の課題を解説します。

■森林ファンドとは

 森林ファンドとは、投資家から集めた資金を使って森林を取得して林業を営み、生育した木材を出荷・販売するなどして得た利益を投資家に分配するファンドをいいます(図表1)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『再生可能エネルギーファンド』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  2. マンスリー、法人需要で伸長

    リブ・マックス,長栄,matsuri technologies(マツリテクノロジーズ),Weekly&Monthly(ウイークリーアンドマンスリー)

  3. GATES 関野雄志社長 ワンルーム売買で売上153億円

    【企業研究vol.252】GATES(ゲイツ)

  4. 空き家活用、空き家情報の発信に注力【クローズアップ】

    空き家活用

  5. (一社)大阪府不動産コンサルティング協会、2億円相当の空き家流通促す

    一般社団法人大阪府不動産コンサルティング協会

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ