【賃貸市場エリア別分析】~鳥取市編~

大東建託パートナーズ,ケイティー,鳥取市

管理・仲介業|2022年11月23日

  • twitter

 賃貸住宅に関わるデータや地場不動産会社への取材から全国の主要都市の賃貸市況を探る。今回は全国で最も人口が少ない県庁所在地である鳥取市を取り上げる。

大学公立化で学生需要堅調
県外からの流入増、物件不足

 鳥取市の人口は毎年減少傾向にあるものの、世帯数は増加傾向にある。ファミリー層には市中東部にある国府町が近年人気が出ているようだ。また、地元大学の公立化により学生の需要は高まっており、企業撤退による空室を補うほど活況となっている。一方で法人需要は、テレワークの導入や営業所の閉鎖に伴い、単身赴任が減少傾向にある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『【賃貸市場エリア別分析】~東京都台東区編~』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ