イーデックス、パソコンゲーム用機材を提供

イーデックス,一般社団法人日本eスポーツ連合

商品|2022年12月07日

  • twitter

eルームを導入したリノベーション物件「コクラス上杉山」

 不動産オーナー向けのデジタルサービスを提供するイーデックス(宮城県仙台市)は、2月よりゲーム用のパソコン機材のレンタルサービス「e(イー)ルーム」を展開している。

若年層の入居促進狙う

 ゲーム対戦競技「e(イー)スポーツ」に関心を持つ若年層などに専用機材を提供するサービスとなる。eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略称で、コンピューターゲームを使った競技のこと。学生や20代を中心に盛り上がりを見せている。一般社団法人日本eスポーツ連合(東京都中央区)の調べによると、2018年の市場規模が48億円だったのに対し、21年の予測値は87億円と伸張しており、今後も拡大傾向にあると考えられる。

 eルームは、パソコンゲームをプレーしたい若年層の入居者の利用を想定。高性能ゲーミングパソコンやチェア、モニター、ヘッドホンなどをまとめた8点セットを賃貸物件に設置する。ゲームをプレーするために必要となる高速インターネット回線もオプションで用意。空室物件に導入し、入居促進を図る。

 オーナーへの提供料金は、39万9900円(税込み)から。同社が運営する、eルーム対応物件を掲載する不動産情報ポータルサイトへの掲載料も含む。SNSによるeルームの宣伝も行う。入居者が決まった時点で利用料金が発生する。

 10月20日には宮城県仙台市のリノベーション物件をeルームのモデルルームとして公開開始。しばらく運営したのち、賃料を相場より1万円から2万円ほど高くして貸し出していく予定だ。

(2022年12月12日9面に掲載)

おすすめ記事▶『【YouTuberの部屋探し】ユーチューバー向け、相場3割高で満室』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ