イケアの商品で空間づくり 家具付き物件への施工事例増

イケア・ジャパン

その他|2023年01月07日

  • twitter

ビジネスインテリアデザインサービスを活用した民泊施設の事例

 スウェーデン家具大手であるイケアの日本法人、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は、同社の商品を活用した空間づくりを提案する「ビジネスインテリアデザインサービス」を展開している。

 インテリアコーディネーターが家具やインテリアを用いた空間のトータルコーディネートを提案する。依頼者からコーディネートや予算、ペルソナについて1時間ほどのヒアリングを対面かオンラインで行い、7~10日で部屋のイメージ画像や設置できる家具の見積書を提出。家具やインテリアはイケアで展開されている約9500点もの商品の中から提案する。活用する商品は、リサイクルできたり、再生可能な素材から作られていたりするものが多い。商品の購入や配送・組み立てのサポートも行う。提案1回あたりの金額は、9900円(税込み)。家具の購入代と運送費は別途かかる。

 オフィスの改装時や、大学が運営する寮や学生会館、民泊などの宿泊施設での利用が多い。ここ2~3年は、家具付き物件の需要の高まりにより、賃貸物件のオーナーから所有物件における空室対策の一環でプランニングを依頼される事例も出てきた。実際に神奈川県にアパート1棟を持つオーナーが、家具付き物件としてリノベーションを行うため、同サービスを活用。全6戸のうち5戸が空室の物件だったが、工事中の時点で内見の申し込みがあるなど反響を獲得。満室稼働にすることができた。

 ビジネスインテリアデザインサービスの提供は2010年より開始した。イケア・ジャパンの石田雅之ビジネスマネージャーは「イケアは60年以上にわたり、世界各国で空間づくりの提案を行ってきた。低コストかつ環境に配慮した商品を販売するとともに、ビジネスインテリアデザインサービスをさらに展開していく」と語る。

(2023年1月2・9日33面に掲載)

おすすめ記事▶『入居者調査、「モデルルームにより入居促進85%」』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ