シービーティー、プロジェクト毎に収支管理

シービーティー

商品|2023年02月15日

  • twitter

 システム開発のシービーティー(東京都中央区)は、クラウド型プロジェクト収支管理システム「プロカン」を提供している。プロジェクトごとの予算計画や収支管理、経費精算や請求書の申請などさまざまな業務を実行できる業務効率化サービスだ。

会計システムと連携で効率化

 プロカンは、売上・原価・経費などの収支を集約し、月ごとの収支を明確化できる。また、数カ月先にどれくらいの利益が出るかなどといった計画分析が可能だ。

 収支管理から社内処理、会計までをトータルでクラウド化することも可能となる。「弥生会計」「勘定奉行」「freee(フリー)」といった会計システムとも連携しており、これまで複数のソフトで行っていたプロジェクトを一括で管理する。

 これまで、導入した不動産会社の実績は2社だ。主な使用用途は、不動産の購入費やメンテナンス費用に対して、どれくらいの収入を得られるかなどをプロジェクトとして収支管理しているという。

 月額基本料金は、3アカウント5000円からとなる。マーケティング本部の坂田恭平さんは「システムで統制して正確な情報を把握できるようにすることで、高利益のプロジェクトを生み出すことを期待している」と話す。

(2023年2月13日18面に掲載)

おすすめ記事▶『業界全体のデジタル化を実現 中小企業の導入メリット増』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ