逆ザヤの賃料保証契約 販売会社との共同不法行為立証可能か【BLAZE家賃未納問題に迫る】

CAPITAL(キャピタル),ReVie(レヴィー),BLAZE(ブレイズ),さくら共同法律事務所

統計データ|2023年03月07日

  • twitter

 全国賃貸住宅新聞1月23日号で報じたサブリース賃料未納問題。収益不動産を販売し、社名をCAPITAL(キャピタル)に変更したReVie(レヴィー、以下、R社:東京都渋谷区)と管理会社BLAZE(ブレイズ、以下、B社:同)の共同不法行為の可能性が見えてきた。オーナーに届いた「過払い金請求書」についても解説。

早晩、支払い能力が滞る事業設計

「管理費も保証」

 B社の賃料未納問題は、2022年12月以降、「B社からの入金が途絶えた」とオーナーらがSNSへ投稿し、表面化した。

 B社とオーナーとの契約は、賃料保証付きの「管理委託等契約」という名目だった。この契約では、入居者の有無にかかわらず、契約書上の「保証賃料」をB社がオーナーに入金。さらにR社およびB社は、本来オーナーが負担する管理費、修繕積立金も併せて保証すると販売時に説明していたという。あるオーナーは「将来のローン金利上昇分も保証すると説明されていた」と話す。

 マスターリース契約については①B社がオーナーの代理人としてサブリース会社と契約②オーナーが直接サブリース会社と契約、の2パターンが多い。全国賃貸住宅新聞が取材したほとんどのケースで、サブリース会社がB社に入金する借り上げ賃料は、B社がオーナーに支払う保証賃料より下回る、逆ザヤの状態となっていた。ある物件では、サブリース会社からの借り上げ賃料7万8300円に対し、B社からの保証賃料は8万1000円となっていた。

R社・B社関係の略図

 逆ザヤの保証賃料に加え、「修繕保証」の名目で、通常オーナーが負担する管理費や修繕積立金の相当額分もB社はオーナーに支払っていた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『サブリース新法指針、改正半年』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

  5. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ