コロナ下での賃借人保護が継続

【連載】アメリカ不動産事情 第104回 2023年強制退去の事情

投資|2023年03月07日

  • twitter

 世界情勢が混迷としている。ウクライナ問題はEU諸国による戦車や戦闘機の投入案など、今やEUと米国対ロシアの直接戦闘に向かっている。

裁判で退去合意の動き

 金融市場ではBRICS(ブリックス:ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)を中心とする新興国が新たな枠組みを形成し始めた。そして米連邦議会ではついにバイデン大統領への弾劾案が提出され、債務上限問題で混迷する米国のドル通貨はペトロダラーの崩壊から基軸通貨としての信頼が低下する中で国内景気に暗雲が立ち込め始めた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『コロナ禍で自治体補助増』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ