ビーマップ、複数物件でネット回線シェア

ビーマップ,アミックス

商品|2023年03月14日

  • twitter

 無線LANシステムの開発・販売を手がけるビーマップ(東京都千代田区)は2022年12月より、集合住宅向けクラウド型Wi‐Fiサービス「アパらくWi‐Fi」の提供を開始した。入居者向け無料Wi‐Fiプラン、複数物件間での回線シェアプラン、入居者負担型の3種類のプランがある。

品質落とさずコスト削減

 複数物件間での回線シェアプランでは、日本の一般住宅ではまだ利用が少なく混信が起きづらい60GHz帯の無線規格を利用。複数物件間での共有でも安定的な通信を提供できる。回線を共有しても月額の回線費用は1回線分のみ。すでに回線工事が完了している二つの物件間でシェアプランを導入した場合、1回線分の月額回線費用約6500円が削減でき、中継機材費約14万円、取り付け工事費約10万円は3年ほどで回収できる計算だ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『Ai.Connect、光回線と同等のネット環境』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ