スマホで来訪者に応答【防犯・利便性アップ インターホン製品紹介】

アイホン,ファイバーゲート,DOORCOM(ドアコム),ブレイブシステムズ,一般社団法人インターホン工業会

商品|2023年04月11日

  • twitter

 玄関ドアを開けずに来訪者への対応ができるインターホンは、防犯上の観点から賃貸住宅でも人気の設備として普及してきた。昨今は、スマートフォンと連動して外出先からも来訪者を確認し、ドアの解錠までできる製品が増えている。セキュリティー性に加え、生活の利便性も高めるインターホンの最新動向を紹介する。

外出先でも通話可 複数子機に接続も

 住宅用インターホン設備の製造・販売を行うアイホン(愛知県名古屋市)は2月24日、集合住宅用インターホンシステム「PATMOα(パトモアルファ)」の居室親機の新製品として、「GBM-2M7」を発売した。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ナスタ、スマホ対応インターホン開発【新社長インタビュー】』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ