空き家活用サミット 基調講演インタビュー

横浜市立大学,国土交通省

インタビュー|2023年07月03日

  • twitter

 全国に約850万戸あるといわれる空き家は、20年間で約1.5倍に増加しており、不動産業界においても取り組むべき課題の一つになっている。国は法改正などにより空き家の予防や活用を促す。空き家の流通・活用の可能性と課題について、空き家問題に詳しい横浜市立大学の齊藤広子教授に話を聞いた。

 

「空き家活用サミット基調講演」
【日時】7月19日(水)11:00~12:00
【場所】東京ビッグサイト西1・2ホール:アトリウム
全国賃貸住宅新聞社、リフォーム産業新聞社、高齢者住宅新聞社の3社合同企画「空き家活用サミット」の基調講演として齊藤教授が登壇します。

空き家予備軍活用が重要

法律改正で自治体に役割

 国は、空き家について、取り組むべき課題として力を入れる。6月7日には「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」が参議院本会議を通過し成立。同月14日に公布された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『賃貸住宅フェア2023 フェア登壇者企業紹介』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ