現状売却でも一部に修理義務

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.157

投資|2023年10月13日

  • twitter

 アロハ! ハワイからこんにちは。

 今回は、アメリカでの不動産購入時に皆さんが必ずといっていいほど遭遇する業界用語「AsIs(アズ・イズ)」について解説します。AsIsは「ありのまま」という意味です。

 不動産取引では、「この家はAsIsで売ります」というように使われることが多いです。これを意訳してみると「この家の売主(オーナー)は、修理を一切せず、あなたが今見ている現状のままで売ります」「あれこれ修理を求めないでください。このまま買うか買わないか決めてください」という、深い意味が込められた言葉がAsIsなのです。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『医療環境充実で長寿州に』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ