エスリード賃貸、原復工事を定額化

エスリード賃貸,エスリード

管理・仲介業|2023年11月14日

  • twitter

 管理戸数1万6507戸のエスリード賃貸(大阪市)は、原状回復工事(以下、原復)の発注を定額で行っている。提携する施工会社の同意の下、決まった工事費用にすることで、見積もりの精査を不要にする。それにより、退去から完工までの期間を2週間短縮している。

見積もり精査省き工期短縮

 同社は、親会社で収益不動産開発を手がけるエスリード(同)が販売した物件の管理を受託する。オーナーは約5000人で、そのほとんどが個人投資家だ。

 管理物件は1Kやワ地域活性化にパン屋を出店自社空きテナントを活用小郡不動産ンルームなどの単身者向け物件が90%以上を占める。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『エスリード賃貸、入居率100%達成』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ