所有権の帰属と請け負い【宅建試験解説】

【連載】2023年宅建試験まるかわり解説

管理・仲介業|2024年01月11日

  • twitter

Q.住宅増築部分の所有権は誰に?

A.建物所有者に所有権が帰属します

 2023年度の宅地建物取引士試験の問3では所有権の取得について不動産の付合(民法242条)が初めて出題されました。

独立した存在か 所有の帰属性

 不動産の所有者は、原則として、その不動産に従として付合した物の所有権を取得します(民法242条本文)。「従として付合した」とは、不動産に付着して、これを分離復旧させることが事実上不可能となるか、または社会経済上著しく不利益な程度に至ることをいいます。

 木造瓦ぶき平屋建ての寺院一棟建て(約15坪)に物置などの建物を増築したという事案において、最高裁は、増築部分が既存建物と別個独立の存在を有せず、その構成部分となっている場合には、増築部分は、既存建物の所有者の所有に帰属する旨を判示しています。(最判昭和38年5月31日)

構造と内装を区別 区分所有の対象に

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『請負人の担保責任【宅建試験解説】』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ