内外装にこだわり即満室【個性が光る新築賃貸】

ビーフンデザイン一級建築士事務所,プラグ建築研究所一級建築士事務所,潮産業

物件紹介|2024年01月14日

  • twitter

ターゲット見据え差別化

 新築時に物件の外観や内装にこだわるオーナーは少なくない。こだわりを詰め込むと、そこには唯一無二の価値が生まれる。特徴的な外観や機能性のある内装、設備を採用し、新築と同時にすぐに満室になった二つの物件を紹介する。

裏路地の小商い可能物件

募集前に全室入居決定

 西武鉄道池袋線の所沢駅から徒歩3分の場所に建つ、木造3階建てアパート「CONOJI(コノジ)」。2023年1月に竣工した同物件は、1階が2店舗、2・3階が小商い可能な1LDK4戸で構成されている。

CONOJIの正面

店舗に入りやすい導線を考慮したCONOJIの正面

 設計を担当したのは、ビーフンデザイン一級建築士事務所(東京都渋谷区)の社長である進藤強氏と、プラグ建築研究所一級建築士事務所(同)の代表を務める千葉健史氏。商店街から1本裏に入った道にあるにもかかわらず、建設中から入居に関する問い合わせが多く入り、募集開始前に全室埋まった。

変形地生かす外観

 この土地は台形の変形地で広さは33坪。土地の形を最大限に生かした面白い建物を建てたいと思ったオーナーが相談したのが、進藤氏だった。

 進藤氏によれば、全室を小商い可能とした理由は二つ。一つ目は賃貸経営の継続性を考えたためだ。「入居者は小規模な事業をスタートできるため、周辺の物件と差別化できる」と話す進藤氏。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『平和不動産、省エネ性能最高ランクの賃貸』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ