一丁目一番地、町家・古民家ポータルサイト

一丁目一番地

商品|2024年01月23日

  • twitter

デジタル町家バンクのβ版の検索画面

 日本の伝統建築に関するメディアを運営する一丁目一番地(東京都渋谷区)は、町家や古民家に特化したポータルサイト「デジタル町家バンク」のβ(ベータ)版の提供を2023年12月12日より開始した。

伝統建築の魅力伝える

 同サイトは町家や古民家を利活用したい人たちをつなぐ不動産ポータルサイトだ。賃貸と購入のどちらの物件も検索することが可能で、古民家に住みたいという個人や、町家を利用して店舗を開業したいなどの法人のニーズに対応する。

 町家や古民家は築年数が古いことが多く、画一的な情報を掲載するポータルサイトでは物件の魅力を十分に伝えることが難しい。探す側にとっても、築年数や鉄道路線から探すポータルサイトでは条件に合う物件を探しづらいという課題があった。

 同社は22年8月より町家・古民家の魅力を伝えるメディア「KEnoHARE/ケのハレ」を運営してきた。同メディア内で活用事例やリノベーション事例を紹介し、デジタル町家バンクのβ版と連動させることで、物件の魅力が伝わるようなポータルサイトを目指す。

 24年1月10日現在、京都府を中心に約50件を掲載。今後は西日本をはじめとし、全国の物件を取り扱う予定だ。中村星斗社長は「京都では1日に2.2軒の町家が解体される。古民家や町家を残したい人と活用したい人をつなぎ、街のアイコンとなる場所を残していきたい」と話す。

一丁目一番地 中村星斗社長の写真

一丁目一番地
東京都渋谷区
中村星斗社長(38)

 

(2024年1月22日10面に掲載)

おすすめ記事▶『マティアル、田舎暮らし向けのポータル』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ