地域に開く建物をつくる【地域継承 地主ヒストリー】

賃貸経営|2024年01月25日

  • twitter

 鎌倉時代から神奈川県横浜市の北西エリア・中山の地を守り続けている齋藤家。当代の齋藤好貴オーナーは「地域に生かされている」という信念で、借地権を買い取った空き家をリノベーションし、地域に開放。まちに新しい価値をつくり出している。

借地権買い戻しリノベ推進

 JR横浜線中山駅南口から徒歩10分弱の住宅街に、「753village(ナナゴーサンビレッジ)」と呼ばれる地域がある。コワーキングスペースやギャラリー、教室、多世代交流型カフェなどが点在し、地域住民以外の人も訪れる話題の場所だ。

 同エリアの土地建物を所有しているのが齋藤オーナーである。30件ほどの貸し宅地のほか、戸建て賃貸、マンション、アパートなど80戸弱を所有。自身の代で挑戦したのが、753villageの象徴的存在である多目的スペース「なごみ邸」のリノベである。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『レジデンシャルインターネット、オーナー交流会に40人参加』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ