アンビシャスグループ、ワンタップで資料送信

アンビシャスグループ

商品|2024年01月29日

  • twitter

定型文や画像データの登録数は無制限だ

 営業支援ツールの開発を手がけるアンビシャスグループ(東京都渋谷区)は2023年4月より、営業活動効率化アプリ「TeamBoard(チームボード)」を提供している。

社員の活動量把握も

 定型文や画像データなどをクラウド上に登録すると、同アプリをインストールしたスマートフォンのキーボードから登録データをワンタップで送信できるようになる。メールやSMS(ショートメッセージサービス)、「LINE」など、キーボードを開けるすべての通信アプリで利用することが可能だ。不動産会社では、物件への反響後の返信や内見希望者への地図の送信、物件紹介時の資料送信などに利用することができる。

 管理者は、ユーザーが登録データを送信した時間や回数を把握することも可能だ。各社員の活動量把握のほか、データの利用回数の分析で営業資料を改善するといった使い方も想定する。

 登録データを他人と共有しない「フリープラン」は無料で利用でき、23年12月20日時点のユーザー数は約6000人。登録データをチームで共有する「法人プラン」の月額利用料はアカウント数によって変わり、都度見積もりが必要だ。同日時点の契約社数は約15社で、賃貸仲介や投資用不動産販売といった不動産事業者の利用が多いという。

 元々は保険営業の支援を想定してアプリを開発した。「現場の営業社員は、顧客とのやりとりにLINEなど便利なスマホアプリをどんどん利用するのに対し、マネジャーがそれを管理しきれず困っている点に着目した」(角田裕大COO)。対個人顧客の業務が発生する業種全般で利用可能なアプリだが、まずは引き合いが多い不動産会社への提供を進める。

(2024年1月29日8面に掲載)

おすすめ記事▶『ギバーテイクオール、工務店向け営業支援ツール』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ