仲介会社向け新サービス提供開始

パイプドビッツ

商品|2011年05月02日

  • twitter

ネットを活用したデータ管理を行うパイプドビッツ(東京都港区)は、4月22日から不動産仲介会社向けに入居希望者の来店率と成約率を高めるシステムパッケージの提供を開始した。発売を記念し、無料で来店率と成約率を測定し分析するコンサルティングサービスも実施する。

新商品の名称は「スパイラル『不動産反響管理』」。反響や見込み顧客を一元管理し社内で共有できるようにする。そうすることで、対応遅れや対応漏れを防止し、来店率と成約率の向上を目指す。

主な機能として、反響メールの自動取り込みや、反響未対応の通知、見込み客へのフォロー予定日の通知、来店・案内した客へお礼を伝えるとともに営業対応や物件に関する感想をヒアリングする「ありがとうメール」の送信などがある。不動産ソリューション事業部の伊藤風吾事業部長は「サービス導入後、成約率が30%増加した成功事例もある」と語る。初期導入費用は20万円、月額使用料は3万円。

同社は「情報資産の銀行」を事業コンセプトに情報資産プラットフォーム事業を行っている。銀行が金融資産を預かり資産運用を行うように、同社は法人から顧客データなどの情報資産を預かり、有効活用するためのサービスを提供しながら情報の質向上を手伝う。情報資産プラットフォームサービス「スパイラル」は、官公庁、金融など2070社に既に提供されている。
 同社には伊藤事業部長をはじめスタッフに不動産業界出身者がいる。そのため、今回の新サービスも仲介営業マンの目線で開発されていることが特徴だ。

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. アイホン、オートロック解錠システム

    アイホン

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ