すずの木ハウス、RC造より家賃が高い畑付き木造長屋

ブルースタジオ

人気物件|2020年03月23日

  • twitter

外観は緑に映えるように、こげ茶色とした

 『すずの木ハウス』は、東武鉄道「朝霞」駅より徒歩12分の場所に位置する、全6住戸がメゾネットタイプの賃貸住宅だ。全戸専用庭付きで、中庭には入居者が利用できる共同菜園がある。空室が出るとすぐに埋まる人気物件だ。

ガラス扉の玄関から見える緑豊かな中庭、共同菜園が住民の交流の機会を増やす

    

 『すずの木ハウス』の設計を手掛けたのは、ブルースタジオ(東京都中野区)だ。同社の専務取締役クリエイティブディレクターである大島芳彦氏によると、賃貸物件の設計を手掛ける際、オーナーに物件について「あなただから(オーナー家の背景)」「ここだから(地域性)」「いまだから(タイミング)」の3点について、どう考えるか問いかけ、物件ならではの特長を導き出していく。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. コロナ禍 賃貸市場も大打撃

    2. コロナで民泊稼働ゼロも

    3. 「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

    4. データで見る 部屋探し最新事情

    5. オヨライフ、「一時使用目的で2年契約」違法か

      OYO LIFE(オヨライフ)

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ