totonou Japan、賃貸にも設置できるサウナ販売開始

totonou Japan(トトノウジャパン),Auroom(オールーム)

商品・サービス|2022年11月01日

  • twitter

賃貸住宅にも設置できるコンパクトサイズ

 北欧サウナ製品の輸入・販売事業を行うtotonou Japan(トトノウジャパン:東京都渋谷区)は9月から、エストニアのサウナ製品メーカー、Auroom(オールーム:エストニア・タルトゥ)の家庭用サウナ製品「CalaMini(カラミニ)」の販売を開始した。

床面積1㎡以内のミニサイズ

 同商品は日本のマンション規格に合わせた幅95cm、奥行き95cm、高さ205cmのキャビン型サウナ。1人の利用に適したモデルで、ベンチやストーブを付属する。

 組み立て・解体も簡単にでき、設置の際には、部屋の壁に穴を開けることがないため、都心の賃貸住宅への設置も可能だ。

 サウナ室は、最大110度まで暖まる本格仕様。木材を180~240度で加熱し、人工的に経年変化を再現したサーモ加工を施す。

 販売開始を記念し、販売価格130万円のところ120万円(共に税込み)から提供。また、若年層のサウナ利用者を増やすために、20代、30代を対象に、台数限定で110万円(税込み)での販売も行う。

 同社では、オーナー、管理会社への提案資料を用意。購入前後のサポートも行っていく。

 北欧ではサウナ付き住宅は珍しくなく、1LDKS(S=Sauna)の物件もあるほどだ。一方、日本ではサウナ付きの物件は少ないという。既存物件にサウナを導入する際、設置スペースがないことが問題となるほか、通常150万円以上のサウナ製品が多いことから、導入のハードルが高かった。

 今後は、不動産デベロッパーとの提携、民泊プラットフォーム「Airbnb(エアビーアンドビー)」掲載物件のオーナーとの提携なども行い、サウナ製品の普及を進めていく。

(2022年11月7日17面に掲載)

おすすめ記事▶『リビタ、賃貸住宅新ブランド』

検索

アクセスランキング

  1. サブリース賃料未納問題浮上

    BLAZE(ブレイズ),ReVie(レヴィー),エレマックス,弁護士法人山村法律事務所

  2. 空室に覚せい剤置き配

    東京税関,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  3. 不動産市場、崩壊の見込み薄【2023年 不動産市場予測】

    一般財団法人日本不動産研究所

  4. 多拠点居住サービス活況

    アドレス,グッドルーム,三井不動産レジデンシャル,GrowHack(グロウハック),絆家,LIFULL(ライフル)

  5. 東京・六本木の仲介会社で爆発

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ