企業研究vol.060 イタンジ 野口 真平 社長

イタンジ

企業研究|2020年05月13日

  • twitter

イタンジ 野口 真平 社長(31)

 新型コロナウイルスの影響で業界の非対面化・IT化が急速に進んでいる。賃貸仲介・管理会社向けのクラウドサービスを提供するイタンジ(東京都港区)では、ウェブ申し込みシステム『申込受付くん』の契約数が4月末時点で1035拠点と2019年4月と比較し43倍となった。累計電子申し込み数は13万7243件に上る。就任後約1年半となる野口真平社長に、これまでの取り組みと今後のサービス展開について聞いた。

電子申し込み数、月間2万5000件を突破

電話・FAXをPCに転送、社外での対応を可能に

―4月3日、不動産テック3社で不動産会社向けテレワーク推進セミナーを開催しました。

 スペースリー、WealthPark、当社の3社で合同開催しました。開催3日前に告知しましたが、170人以上が参加するなど、テレワーク・非対面化への高い関心がうかがえました。

―テレワーク・非対面化には課題が多いです。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2020 人気設備ランキング発表

  2. ファイバーゲート、自社開発IoT製品、販売開始

    ファイバーゲート

  3. クレームの多い設備「ネット無料」「宅配BOX」が突出(人気設備ランキング番外編)

    PIM, 富士建設工業, I・S・E

  4. 日本宅配システム、非対面受け取り増加で需要拡大

    日本宅配システム

  5. 加瀬倉庫、半個室作れるパーテーション販売

    加瀬倉庫

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ