明豊エンタープライズ、自社企画・開発アパート 100棟突破

明豊エンタープライズ

その他|2020年12月02日

  • twitter

10月に完成した『MIJAS池袋』。100棟目になる。

 収益不動産の開発・販売事業を手掛ける明豊エンタープライズ(東京都目黒区)は10月、同社が企画・開発する投資用一棟アパート『MIJAS(ミハス)』シリーズの100棟目『MIJAS池袋』を完成させた。

販売開始6年で達成 IoT機器を初導入

 場所は東武東上線北池袋駅から徒歩12分。鉄骨造3階建てで、総戸数は9戸のアパートだ。

 2014年から都内を中心に開発・販売しており、100棟目となる『MIJAS池袋』では、初めてファイバーゲート(北海道札幌市)製のIoT機器『FG home IoT(エフジーホームアイオーティー)』を導入した。

 スマートフォンにダウンロードしたアプリで家電の遠隔操作が可能。スマートロックに加え、赤外線のリモコンで動くテレビやエアコン、照明などを操作できる。

 07年から早稲田大学理工学術院の高口教授と「住宅の省エネルギー性・快適性・長寿命化」をテーマに産学共同の研究を開始。『MIJAS池袋』は、IoT機器を活用した賃貸住宅の快適性や省エネルギー性の向上を研究する一環でもある。

 梅木隆宏社長は、「入居者だけでなく、家主や物件購入検討者にもIoT機器を体験してもらいたい。そのため、年内はモデルハウスとして運営する。今後も居住ニーズに合わせ、間取りなどのベースの部分は変えず、可変性を持たせられるような物件を開発・販売していきたい」と話す。

 

明豊エンタープライズ 梅木隆宏社長の写真

明豊エンタープライズ
東京都目黒区
梅木隆宏社長(60)

 

 

(11月23・30日15面に掲載)

おすすめ記事▶『不動産投資の教科書、コロナ禍でも9割が投資継続』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ