明豊エンタープライズ、自社企画・開発アパート 100棟突破

明豊エンタープライズ

企業|2020年12月02日

  • twitter

10月に完成した『MIJAS池袋』。100棟目になる。

 収益不動産の開発・販売事業を手掛ける明豊エンタープライズ(東京都目黒区)は10月、同社が企画・開発する投資用一棟アパート『MIJAS(ミハス)』シリーズの100棟目『MIJAS池袋』を完成させた。

販売開始6年で達成 IoT機器を初導入

 場所は東武東上線北池袋駅から徒歩12分。鉄骨造3階建てで、総戸数は9戸のアパートだ。

 2014年から都内を中心に開発・販売しており、100棟目となる『MIJAS池袋』では、初めてファイバーゲート(北海道札幌市)製のIoT機器『FG home IoT(エフジーホームアイオーティー)』を導入した。

 スマートフォンにダウンロードしたアプリで家電の遠隔操作が可能。スマートロックに加え、赤外線のリモコンで動くテレビやエアコン、照明などを操作できる。

 07年から早稲田大学理工学術院の高口教授と「住宅の省エネルギー性・快適性・長寿命化」をテーマに産学共同の研究を開始。『MIJAS池袋』は、IoT機器を活用した賃貸住宅の快適性や省エネルギー性の向上を研究する一環でもある。

 梅木隆宏社長は、「入居者だけでなく、家主や物件購入検討者にもIoT機器を体験してもらいたい。そのため、年内はモデルハウスとして運営する。今後も居住ニーズに合わせ、間取りなどのベースの部分は変えず、可変性を持たせられるような物件を開発・販売していきたい」と話す。

 

明豊エンタープライズ 梅木隆宏社長の写真

明豊エンタープライズ
東京都目黒区
梅木隆宏社長(60)

 

 

(11月23・30日15面に掲載)

おすすめ記事▶『不動産投資の教科書、コロナ禍でも9割が投資継続』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

  5. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ