新築住宅の需要、12%上昇

【連載】アメリカ不動産事情 第110回 23年下期の住宅不動産市場

投資|2023年09月06日

  • twitter

 7月26日に実施された米連邦準備理事会(FRB)の利上げ発表を受けて、住宅ローン金利は上昇傾向にある。国内ではインフレの上昇に一服感がうかがえるとの見方もあるが、国内景気はすでにリセッション(景気後退)入りに近づいているとの意見も出始めた。

中古物件の在庫不足が影響

新規の受注減 リストラで不安感

 米国の株式市場ではバブル崩壊後の最高値を更新する中、実体経済はここ数カ月にわたり景気後退に向かっているようだ。大手製造メーカーでは新規受注が大きく減少、その影響を受けて2024年に向け、下請け企業でもリストラ準備に入っていると知人の企業経営者が語った。

 一方でせっかくコストをかけて獲得した熟練工を確保し続けるべく、年内は企業努力を継続するとのことだ。直近の雇用市場は370万人分の労働力不足ともいわれ失業率は3.5%と低水準にあるが、その多くはサービス業での人手不足からの雇用だ。また低失業率の実態は正社員が58万人減少する一方でパート社員が97万人増えたり、副業をする労働者の急増に支えられている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『差し押さえ物件が14%に急増』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ