家賃滞納者への有効な対応策【賃貸住宅フェア2021・東京セミナーレポート】

Authense(オーセンス)

企業|2021年11月12日

  • twitter

 2020年ごろから新型コロナウイルスの影響による滞納も増えてきている。コロナが賃貸借契約の解除に及ぼす影響については、最高裁がひとつ重要なルールを決めたことで慎重にならざるを得ない。賃貸借契約は継続的な契約関係であり、信頼関係に基づいているため、相手側の軽微な契約不履行だけでなく信頼関係が破壊されたと認められる事情がなければ契約の解除を認めないと判断したためだ。

いち早い滞納の事実の察知と対応が重要

情に流されず、対応方針を個別事例によって変えない

 滞納における信頼関係の破壊は、厳密に決められておらず、おおむね3カ月以上の賃料の不払いであれば認める裁判官が多かったが、この情勢で判断材料も変わり、事業者(テナント)だけでなく一般の入居者に対しても信頼関係の破壊には至っていないと判断されることが多くなった。では、解決していくためには、どうしたらいいのか。滞納期間ごとに解説する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶【賃貸住宅フェア2021・東京セミナーレポート[家賃滞納者への有効な対応策][遺産分割でもめない相続で幸せになる人の共通点]】

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  2. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  3. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  4. センチュリー21、加盟店向けに秋の戦略会議開催

    センチュリー21

  5. 請負契約【賃貸不動産経営管理士試験対策】

    【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ